人気ブログランキング |

40's table


40single、だけど意外と楽しく暮らしています。レシピ、ワイン、そして健康ネタなど。
by remomoan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

石違い

うちのボスが「石があるかも…」と言い出し。
検査の予約を金曜日にいれたといっていたので、今流行りの、そう、加藤ひふみんも入院した「胆石」だ!とピーンと来たので

「それって自覚症状あるんですか??」
「どこら辺が痛むんですか??」

と、やたら質問していたのですが、ボスが妙に怪訝な顔。
Why?

それでも「例のひふみんの!」旬な病気に興味津々。
是非聞きたい。
どんなに痛いのか、とか。

しつこく聞いてたら
「もう、二回やってるからわかるんだよ…」
ぼそり。

二回も!!そりゃたいへん!!

それでそれで??と詰めよったら

「2回目はジャンプして自分で出したよ…」

ジャンプ?

('_'?)



あ。


ごめんなさい、先生、そちらの石でしたか。
「どこが痛むんですか??」って、場所聞かれても…

答えないわな😱そりゃ。

by remomoan | 2017-11-13 23:32 | 日常 | Comments(2)

決心

私の仕事…に限られた話ではないと思いますが、どうしても男性との差を感じることが多いです。
男性事務員は先生(資格者)の代理、私は「事務のオバサン」「書類運ぶ人」と言う感じ。
女性である私が「対等」に話をしてもらうために「絶対に資格者になろう」と思ったのが、現在まで頑張ってきた所以です。
卑屈に考えすぎているだけかもしれません。
相手や業界の偏見だけではないのは自覚しています。
全ては自分の自信のなさからくるもの…
「私」がもっと「信頼される」話し方、アプローチをすれば、男か女か、資格者か見習いかと言う壁は越えられるはず。
そして、女性であり見習いであることに逃げている、またはそれを逆に利用していることがあるのも事実なのです。

わかっています。
わかっていますとも。

ここ3年ほど、努力を認めてもらい、大きな仕事はほぼ任せてもらえるようになりました。
六法片手に書類を作る→現場には先生または他の事務の男性が行く
これはもう常態化しているので、気にしていません。
しかし、表舞台に出ていかないため、問合せの電話も全て「男性」に行きます。
「○○さん(男性事務員)お願いします」
私→○○さんに取り次ぐ
○○「はい、○○です。その件ですね。あ、少々お待ちください」
~保留~
男性○○さんが私に聞く→私、○○さんに回答する
○○「お待たせしました、それはですね…」

別に「私がお答えしますっ」と電話を取り次がず答えても良いのかもしれない。
でも、私は電話を代わってしまう。
逆に私の回答に「重み」が無いことも自覚しているため、気楽であると言うことで「逃げ」ていると言うか、責任を強く感じずにいると言うところもあります。

全部自分が悪いんだ。

「あの人より頑張っているのに」なんて思うのはもっとも無駄。
比較するなら一分前の自分のみ。
「あの人」が昨日より今日、成長しているとは限らないのに「あの人」を基準に「良くできた」と思っても無駄。

資格がないからと、引っ込んでいるから、相手に安心感をもってもらえないのです。
この人に相談すれば!と思わせるのは、努力に裏付けられた自信のはず。

毎日ちゃんとスーツを着ていれば、少しは違うのかもしれません。
そう言う風土もあります。
それをそうしていないのも、自分。

ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ言いました。
負け惜しみです。
今日も、私が説明しても納得してもらえないことがあり、ぶちギレているだけなんです。
悔しい!!と。

そう、この悔しさをまたバネに出来るかも。
無駄にするもんか。
前に出よう。
そして、やっぱり、資格を取ろう。



by remomoan | 2017-11-13 19:12 | 勉強 | Comments(2)

ワイン覚書~RIDGE GEYSERVILLE~

a0351700_18180991.jpg
ナパバレーが山火事になり毎日しくしくしていたとき、姉が「うちに結構いいワインがあった!!」と連絡をくれました。
で、先日の母の白内障手術の際、泊まりにきた姉が持ってきてくれたワインがこちら。
カリフォルニアでは比較的珍しい、混醸タイプのジンファンデル。
ジンファンデルをベースにカリニャン、プティシラー、マタロ(ムールヴェードル)等がブレンドされています。
カリニャンの特徴なのか、普段飲むジンファンデルより酸味が強く、少しグラスにあけてから時間をおいた方がいいかも。
フランスのワインを飲んでいるように、少し頭を使うワインでした。
カリフォルニアの「カベルネでーす!」「ジンファンデルでーーす!」と言ったわかりやすいワインより、フランス人の如く直球ではない感じがすると勝手な解釈でいるのがフランスワイン(^-^;
お?この味はなにかな?みたいな。
香水と同じだね、と姉と話しました。
トップノートとセカンドノートが違う、的な。
複雑さを感じる…とでもいいましょうか。
(アメリカブランドの香水はあまり匂いが変わらないよね?と言うのも私達姉妹の勝手理論)

最近あまり飲まないので弱くなった姉と、体調いまいちであまり飲めない妹。
かつての酒豪姉妹はどこへいった???
半分しかのめずに、残っております…
昨日でステロイド終わったから、今日飲もうかな。

by remomoan | 2017-11-13 11:21 | ワイン | Comments(2)

満身創痍

老眼が進み目が見えず、難聴で耳が聞こえず、その上今日、差し歯の中の歯がダメになっているのがわかり、いよいよ「部分入れ歯」です😵
この上ハゲたらどないしよ。

ちなみにお耳は、聞こえはよくなりましたが、「耳きーんとなるわ」の状態のまんまです。
慣れるしかないのかな。悲しい…
そんな私、日曜日もお仕事です。

by remomoan | 2017-11-10 21:25 | からだのこと | Comments(2)

KEVITA PROBIOTIC と言う飲み物

a0351700_23165341.jpg

そう言えば、Hawaiiでこんな飲み物を飲んでいました。
Kombuchaと言うのがちょっと前から流行っていますが、なんか昆布茶の味がしそうで敬遠(笑)紅茶キノコと聞いて?益々敬遠(^-^;
そして飲み物は、グアバとビールとワインで忙しくて、水以外飲んでいる余裕もないのです。

でも、ちょっと見た目が気になったので買ってみたのがこちら。
そー美味しいものでもないけど、全然不味くない。
乳酸菌?いり?プロバイオティクスて、ヤクルト??
ま、そんな感じの「体によい微生物」の入った美容と健康飲料でした。
お酒飲んだ後とか、夕方買い物からかえって来たときに飲むと、さっぱりしてて良かったです。

しかし、アメリカ、ガラス瓶多いな。
車社会だから、持ち帰るのに重いとか、ないのかな。


by remomoan | 2017-11-07 23:14 | 旅行 | Comments(2)

耳鼻科なう

突発性難聴になりました😱
昨夜、突然はじまった耳鳴り。
いつも5分ほどでおさまるのに、ずーーっとなっていて、眠ろうとしても気になってイライラ。
姉が泊まってくれていたので、ホットタオルを作って目や耳回りを温めてくれたりして、気持ちが落ち着いて眠ることができました。
ほんと、助かった…

朝起きてもまだ「ピーー」と鳴っていて、悲しくなり、でも聴こえるからいいかな?と思ったのですが。
何せ、昨日仕事を休んでいる(母の手術)ので、今日はいかねば…
しかし「万が一突発性難聴だったら、一刻を争うぞ」と姉にさとされ耳鼻科に来ました。

で、突発性難聴でした😱

軽かったので、点滴打つほどでなく、ステロイドで治るみたい。
治るよね?

耳鼻科に行こうと決心したのは、ドライヤーの音の聞こえかたが右と左で違ったこと。
聴こえづらいのではなく、音の高さが違う。
左が明らかに低く。
聴力検査でわかったのですが、高温が聴こえてませんでした。

ふぅ。
あちこちガタが来ますなぁ。

にしても、突発性難聴って、アーティストみたいね。

by remomoan | 2017-11-07 09:29 | からだのこと | Comments(0)

母の白内障手術

本日、母、白内障手術で、大学病院に一泊中です。
たかが白内障、しかし、母は重度の緑内障を患っているので、大学病院での手術となりました。
緑内障は、目のなんかどっかが詰まって、房水とか言うのがちゃんと流れなくて、眼圧が上がって、挙げ句視野が欠けていく病気です。
白内障の手術をすることで、副産物的に?房水の通りが良くなるらしく、眼圧か下がり、悪化を防ぐ効果な期待できるのだとか、

今日、診察のあと退院です。
姉が病院にお迎えに行ってくれています。
左目は2週間後。
良くなりますように。

by remomoan | 2017-11-06 23:34 | 日常 | Comments(0)

帰省婦人会

いつも一緒に旅行に行く友人が、北海道から帰省したので、いつもの通りの婦人会です。
ストレスの多い彼女のリクエスト「大声でしゃべっても気にならなくてワインをガブガブ飲めるとこ」
本日祝日につき、なかなかそのリクエストに応えるの大変。
結局、有楽町集合におちつきました。

a0351700_23293584.jpg
有楽町ワイン倶楽部。
肉バルって感じかしら。
塊肉ってテンション上がります。
a0351700_23343943.jpg
お肉のスタータープレート。
a0351700_23363828.jpg
好きな肉をアンダーtheポテトにと言う、ご機嫌なメニューがあったので注文。
しかし、オーバーtheポテトで来ました。
ちょっとがっかり😆
a0351700_16384065.jpg
J.LOHR のメルロー。
2500円くらいでこの味なら、超コストパフォーマンスいいのではないでしょうか。
樽香と果実の甘味のバランス。
値段より高級感のある香り。
カリフォルニア州の真ん中より少し南、パソロブレスのワインです。
ナパやソノマのワインが高騰…そして火事できっとますます高騰…
セントラルコースト等のワインも、もっと攻めていかねば。
あ、私がです(^-^;

有楽町ワイン倶楽部、なかなか良かったので、多分また近いうちに。
ちなみに、併設されているワインショップで購入したワインを飲むことができます。
持込料かかりますが、7時までなら500円。
ワインの値段はネットより安いくらいでした。

by remomoan | 2017-11-03 23:24 | 婦人会 | Comments(2)

ふたご

a0351700_00181054.jpg

納豆ですみません(^-^;
卵が双子ちゃんだった記念日。
こんなにしっかり双子ちゃん、初かも。
宝くじ当たりそうで、買ってみた。

by remomoan | 2017-11-03 00:17 | 日常 | Comments(2)

ブログジャンル

病気・闘病
日々の出来事

お気に入りブログ(excite以外)

ファン

最新の記事

なんで?
at 2019-09-12 17:31
県民さえ知らない
at 2019-09-11 18:55
あおり歩行
at 2019-09-10 18:37
凄かった…
at 2019-09-09 20:58
夏の終わりは秋の始まり
at 2019-09-07 18:07

最新のコメント

ナクペンダさん そうで..
by remomoan at 22:13
ほんと通電している所へ疎..
by regina8 at 22:04
ふくろうさん 東京応援..
by remomoan at 08:43
若おっさんてw そして..
by ふくろう at 20:58
ナクペンダさん ほんと..
by remomoan at 11:15
上品な大人のお食事という..
by regina8 at 21:09
ふくろうさん とりあえ..
by remomoan at 09:28
羨ましい!!!私喋るの苦..
by ふくろう at 22:37
ふくろうさん そうなの..
by remomoan at 21:22
なるほど、町の電気屋さん..
by ふくろう at 15:01

ブログパーツ

外部リンク

検索