人気ブログランキング |

40's table


40single、だけど意外と楽しく暮らしています。レシピ、ワイン、そして健康ネタなど。
by remomoan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お誕生会@うち

俺とお前のお誕生日ホームパーティー(二人だけど)でした。

a0351700_12243903.jpg
「サラダ」
ルッコラ、ブロッコリースプラウト、フルーツ人参、フルーツトマト、フライドオニオン、パルミジャーノ、合鴨黒胡椒

a0351700_12272075.jpg
「北京ダックもどき」
富岡商店の割パン
皮つきむね肉は、塩麹に一晩。塩麹を洗い流してから、軽く塩と五香粉してフライパンで蒸し焼き。
甜醤油(玉ねぎスライスを砂糖と醤油で煮詰めたもの)

a0351700_12302638.jpg
「牡蠣のオイル漬け」
作ってすぐに食べられるよう、火を通す時点で味付けしっかりバージョン。
洗って水分をペーパータオルでよく取った牡蠣を、オリーブオイル少々と、少量のニンニク、鷹の爪を入れたフライパンでよく火を通す。
水分出てきた頃に、バルサミコと醤油を絡ませて、焦がさないように両面よく火を入れる。
保存瓶にオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、ローリエを準備。
そこに火を通して味の絡んだ牡蠣を入れる。
すぐに食べられるけど、半月ぐらい持つらしい。

a0351700_12460891.jpg

a0351700_12481051.jpg
久々にアルザスのゲウツトラミネール。
少し甘味があって、理想的。
でも、ライチ感は薄かったかなぁ。
私の鼻が詰まってたからかしら。

千葉はもう絶対花粉飛んでます🤧
昨夏ぱっとしなかったし、この冬とても寒いから、たいして飛ばないと思ってたのになぁ。
期待はずれ。

by remomoan | 2018-02-12 12:22 | 婦人会 | Comments(0)

Riku Chika 津田沼 &ワイン覚書

地元グルメです。
津田沼駅の喧騒をちょっと抜けたところにあるイタリアン。
都会の素敵なイタリアンより、地元のお店の方が美味しいのは何故だろう。
コジャレた盛り付けじゃないけど、単純に美味しい!!

a0351700_19164614.jpg

a0351700_19171730.jpg

a0351700_19173857.jpg

a0351700_19181355.jpg

味付けがしっかりしていて美味しい。
粒マスタード、スモーク、キノコの使い方が絶妙。
ほんとはあまり好きではない生パスタも、もちもちし過ぎてなくてソースとバランスよくて美味しい!

ワインは、オススメをいただきました。
ロッソピチェーロ。
イタリアワインは本当に不勉強で知らないので、普段ほとんどいただきません。
しかし!こちらはとっても美味しくて、自分でも買いたいとメモりました。
私があまり得意ではない「サンジョベーゼ」と言う品種のワインと伺っていたのですが、実際は「モンテプルチアーノ」主体で、サンジョベーゼは30%。
一口目に心地よい甘味を感じる好きなタイプのワインでした。
酸味控えめ。




by remomoan | 2017-11-14 19:06 | グルメ | Comments(0)

ワイン覚書~RIDGE GEYSERVILLE~

a0351700_18180991.jpg
ナパバレーが山火事になり毎日しくしくしていたとき、姉が「うちに結構いいワインがあった!!」と連絡をくれました。
で、先日の母の白内障手術の際、泊まりにきた姉が持ってきてくれたワインがこちら。
カリフォルニアでは比較的珍しい、混醸タイプのジンファンデル。
ジンファンデルをベースにカリニャン、プティシラー、マタロ(ムールヴェードル)等がブレンドされています。
カリニャンの特徴なのか、普段飲むジンファンデルより酸味が強く、少しグラスにあけてから時間をおいた方がいいかも。
フランスのワインを飲んでいるように、少し頭を使うワインでした。
カリフォルニアの「カベルネでーす!」「ジンファンデルでーーす!」と言ったわかりやすいワインより、フランス人の如く直球ではない感じがすると勝手な解釈でいるのがフランスワイン(^-^;
お?この味はなにかな?みたいな。
香水と同じだね、と姉と話しました。
トップノートとセカンドノートが違う、的な。
複雑さを感じる…とでもいいましょうか。
(アメリカブランドの香水はあまり匂いが変わらないよね?と言うのも私達姉妹の勝手理論)

最近あまり飲まないので弱くなった姉と、体調いまいちであまり飲めない妹。
かつての酒豪姉妹はどこへいった???
半分しかのめずに、残っております…
昨日でステロイド終わったから、今日飲もうかな。

by remomoan | 2017-11-13 11:21 | ワイン | Comments(2)

帰省婦人会

いつも一緒に旅行に行く友人が、北海道から帰省したので、いつもの通りの婦人会です。
ストレスの多い彼女のリクエスト「大声でしゃべっても気にならなくてワインをガブガブ飲めるとこ」
本日祝日につき、なかなかそのリクエストに応えるの大変。
結局、有楽町集合におちつきました。

a0351700_23293584.jpg
有楽町ワイン倶楽部。
肉バルって感じかしら。
塊肉ってテンション上がります。
a0351700_23343943.jpg
お肉のスタータープレート。
a0351700_23363828.jpg
好きな肉をアンダーtheポテトにと言う、ご機嫌なメニューがあったので注文。
しかし、オーバーtheポテトで来ました。
ちょっとがっかり😆
a0351700_16384065.jpg
J.LOHR のメルロー。
2500円くらいでこの味なら、超コストパフォーマンスいいのではないでしょうか。
樽香と果実の甘味のバランス。
値段より高級感のある香り。
カリフォルニア州の真ん中より少し南、パソロブレスのワインです。
ナパやソノマのワインが高騰…そして火事できっとますます高騰…
セントラルコースト等のワインも、もっと攻めていかねば。
あ、私がです(^-^;

有楽町ワイン倶楽部、なかなか良かったので、多分また近いうちに。
ちなみに、併設されているワインショップで購入したワインを飲むことができます。
持込料かかりますが、7時までなら500円。
ワインの値段はネットより安いくらいでした。

by remomoan | 2017-11-03 23:24 | 婦人会 | Comments(2)

低GI婦人会

週末は、久々に我が家での婦人会です。
血糖値を気にしている友人がいるので、低GIを少しだけ意識したメニューでおもてなし。

a0351700_20380385.jpg

a0351700_20400207.jpg
オリーブとくるみをたたいて、オリーブオイルと胡椒を和えただけのもの。くるみは低GIとのことで、今回多用。

a0351700_20411181.jpg
イカのマリネ。
生のイカからさばきました。


a0351700_20423204.jpg
定番、キヌアのホットサラダ。
低GIと言えばキヌア!

a0351700_22081447.jpg
ブイヤベース。
お芋はホンの少しだけ。
少しは食べないと満足感がないからね~

a0351700_22090996.jpg
茹でたいんげんとベーコンを炒めて、ジェノベーゼで和えたもの。
パルミジャーノ削って入れる予定が、忘れました。

あとは、パクチー切っただけのサラダ。
ドレッシングは、キューピーのニンジンとオレンジのドレッシングにくるみを刻んで入れただけ。

甘味料はオリゴ糖のみです。
Hawaiiで買ってきた「アガベシロップ」は、低GIとのことなので、友人にあげました!

お酒はもちろん赤ワインです。
a0351700_22164636.jpg
コスパのよいウェンテ。
2000円弱で買えるのに、結構高級感ある味でお気に入り。

久々で楽しかった~

またきてね!
次は何を作ろうかな♪


by remomoan | 2017-10-30 20:34 | 婦人会 | Comments(0)

続Napa Valley

一日中地図を見ていました。
Santa Rosaの辺りが真っ赤になっていました。
自分でもおかしいと感じるほど、悲しくて辛くて仕方なく、呼吸困難になりそうです。

Napavalleyのワインに出会っていなかったら、絶対にワイン好きにはなっていなかったと思います。
資格を取ることもなかったでしょう。
大人になってから誇れるのは、ワインのことだけなのです。
無趣味でなんの成果も残すことの出来ていない私にとって、唯一の趣味で、唯一こだわりのあることなのです。
年を重ねて、こだわりが薄いことが悩みで。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、これをとったらなにも残らない私にとって、心の支えになっていたのだと、改めて感じているところです。

スタッグスリープのワインを先程注文しました。
今、近所のデパートで、ワインを2本購入。
サンタローザのワイナリーのものも買いました。
地図で見ると、そばまで火が来てる。

頑張って…
畑も葡萄も。

Old vineは百年とかの古木。
消火剤の影響や、煙の影響…
燃え尽きなかったから大丈夫と言うことは一つもない。
元通りになるまで、何十年かかるのでしょう…

ダメだ、泣きそう。




by remomoan | 2017-10-11 18:11 | ワイン | Comments(2)

ジャケ買いワイン

a0351700_22040705.jpg

ワイン、ジャケ買いしてみました。
ラベルではなく、包装。
オーガニックと言うところも、なんか今時っぽくて、つい。

お味は、しっかりめだけどフルーティー。
色は濃い目で、最初は果実の甘味を程よく感じますが、同時にしっかり酸味を感じます。

1日では飲みきれないので、栓をして置いておくと、結構酸味が強くなります。
酸味があまり得意ではないため、二回は買わないかも。

オーガニックと言うラベルに誤魔化されると、その酸味さえ急にフレッシュな感じに思えてしまうのですが。
渋重まったりが好きなので、また次を探すことにします。
これはたしか1000円1200円くらいだったかな。


by remomoan | 2017-10-01 11:03 | ワイン | Comments(0)

テーブルワインの記録 Australia wine~RoseMount~

テーブルワイン(1000円くらい)でお気に入りを見つけるのはなかなか大変です。
好きなワインがはっきりしてしまっているので、一口目美味しいかなと思っても、どうしても次に!という気持ちにならないと忘却の彼方…
昔はラベル(エチケット)を全て取って記録したりもしていたのですが…

と言うことで、次も買ってもいいぞ、と言うテーブルワインをちゃんと記録しておこうと思います。
3000円以上出して美味しかったら覚えているし、ま、3000円出すこと多くないし、人に聞かれる時も、2000円くらいでと言うのが多いですからね~♪

a0351700_13154180.jpg

ローズマウントのカベルネメルローです。
オーストラリアのブレンドワインでは、カベルネシラー(オーストラリアではシラーズ、かな)と言う組合せが多いですが、どうしてもシラーはスパイシーと言う頭が抜けず、手土産だったので誰でも美味しく無難に飲めそうなカベルネメルローにしました。

期待通りの、まろやかな渋みと甘み。
香りもとても良いです。
ぶどうの華やかな感じです。

こちらはだいたい1200~1300くらい。

実際、ニューワールドのシラー(シラーズ)は、スパイシーと言うよりは、果実味が豊かで飲みやすいので、今度はカベルネシラーを買ってみよう!!

オーストラリアのワインが手土産に何よりいいのは、抜栓しなくていいこと。
ホストの手を煩わせず、万が一コルク抜きが無くても大丈夫で、その日に飲まなくても安心。
そして、飲みきらなかったときも残せる!
最初抵抗があったスクリューキャップですが、慣れたら全然OK(笑)

by remomoan | 2017-03-22 20:00 | ワイン | Comments(4)

en.terrible@東銀座

室蘭の友人が帰省。
今回は我が家での婦人会ではなく、ご要望により『ワインの美味しい素敵な店』
ご要望にお応えして、en.terribleを予約しました。

a0351700_16113809.jpg
赤ピーマンのムース、生ウニ添え
これをちびちび舐めながら飲むシャルドネ最高。

a0351700_16163407.jpg
ピサンリ(タンポポをウドのように日陰で育てたもの)と、イベリコ豚のサラダ
温玉で柔らかくまとまってとても美味しい。

a0351700_16182881.jpg
栗?とレバーの焼き餃子。
バルサミコソースでいただきます。

a0351700_16203676.jpg
鴨のオレンジソース、セロリのローストかな?

a0351700_16212868.jpg
デザート。
cheesecakeとして注文して出てきたのがこれでびっくり。
カルダモンのメレンゲ添えのメレンゲがこの棒かしら?
あまりカルダモンの香りは強くないかも。

体調万全でワインをたくさん飲めるときに再訪したいですが、そんなときに行ったら、いくらかかるかしら…
ボトルワインは5000円くらいから(平均すると10000円overかな)なので、大変なことになるかも(^_^;)


by remomoan | 2017-03-12 16:10 | グルメ | Comments(4)

KENZO estateの紅白ワイン

a0351700_14384399.jpg

兄が仕事でいただいたと言う、KENZO estateのワイン。
兄、下戸ゲコゲコ037.gifなので、姉が共に飲もうと持ってきてくれました。
日本人オーナーがナパで造られているワインです。
セレブチックなワインのパーティをやっているので知っていましたが、飲むのは今回お初。
白はソーヴィニヨン・ブラン。
グラスに注いで香ると、まさにソーヴィニヨン・ブラン!って感じ!!
と喜びの雄叫びをあげると、前述の下戸の兄がすかさず(お猪口グラスにほんの少し注いであげた)『ソーヴィニヨン・ブランってかんじぃ~♪』と真似するからなんかムカつく(笑)
白いお花の香りがすーっと入ってくるようなワインでした。
赤の方は、Bordeauxスタイル。
香りは姉が『葉巻っぽい』と。
うん、まさにそんな。
バニラ感がたっていないので、ほんとBordeauxスタイル。(ナパのワインはバニラのような樽香がたつものが結構多いと思うので)
味はカベルネ・フランがちょい多目?と思ったら、やっぱりそうで、自画自讃(笑)
葉巻っぽさのなかに、若い葉っぱやピーマン的な香りがしました。

久々にちゃんとした赤ワイン飲んだわ(^-^;
資格が泣く(^-^;

今日はこれから新年会。
気になるワインバルで二人婦人会で~す。

by remomoan | 2017-01-13 14:37 | ワイン | Comments(0)

ブログジャンル

病気・闘病
日々の出来事

お気に入りブログ(excite以外)

ファン

最新の記事

クワトロビート①
at 2019-05-16 08:48
とうとう買ってやったぜ
at 2019-05-12 16:01
神田明神祭
at 2019-05-11 23:16
令和パーティー
at 2019-05-04 22:11
連休初日
at 2019-04-27 20:00

最新のコメント

太りが止まらない、です。
by remomoan at 22:33
ふくろうさん 三日坊主..
by remomoan at 22:32
ふくろうさん 聞いた聞..
by remomoan at 22:31
あら、楽しそうな笑顔だわ..
by ふくろう at 09:31
なになに!?クワトロビー..
by ふくろう at 09:27
ふくろうさん そっか!..
by remomoan at 19:59
令和初ぱーてぃですね! ..
by ふくろう at 12:53
ナクペンダさん ありが..
by remomoan at 14:24
素敵! 相変わらず華や..
by regina8 at 12:51
ふくろうさん 休みが明..
by remomoan at 00:45

ブログパーツ

外部リンク

検索